5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【速く】持久走【疲れにくく】

1 :ジェス:03/10/29 20:24 ID:zxJXqM2h
もうすぐ学校でマラソン大会があるんですが、疲れにくい走り方とか速く走れる方法
とかあったら教えてください。          

2 :スポーツ好きさん:03/10/29 20:25 ID:AJ34ZAUe
a

3 :スポーツ好きさん:03/10/29 21:03 ID:kekH1YAn
結局走り込みが大事。2ch読む暇あるなら走れ。
フォーム云々が気になるなら、次の日曜の朝にテレ朝で駅伝やるから見ろ。
無駄のないフォーム=体力のロスが少なく、結局速いフォームがわかるから。

でも、その後は走れ。


4 :スポーツ好きさん:03/10/29 21:12 ID:+7YWMrRL
つーカシね

5 :スポーツ好きさん:03/10/29 21:29 ID:LMB+mcng
   ノ‖‖ハヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     从∂。∂从< 新スレおめでとうございま−す♪
   = ⊂   )   \_______
   = (__/"(__) トテテテ
       


6 :スポーツ好きさん:03/10/30 18:30 ID:whKHmuSE
暇があるなら走れってのはやりすぎだけど、持久走ってのはある程度までは練習次第で本当に強くなる
どんなスポーツやってて大会までどれぐらい時間があるか分からないけど、
毎日30分ジョグと100mの流しを10本ぐらいやれば結構伸びると思う
フォームに関しては走りこんでいくうちに自然とできるけど、
しいて言えば気持ち歩幅を小さくしたピッチ走法気味の方がいいと思う


7 :ジェス:03/10/30 23:57 ID:fLKv9mT1
>>3 たしかにそのとおりですね だけどこの間持久走のときに友達にすごく疲れそうな
走りかたしてるねって言われてもっと楽に走れる方法があったら教えて欲しいなって思った
んですよ。
>>6 なるほど 次の持久走のときはその走り方を試してみます。今日も持久走の授業があって
右足と右手を同時に出す走り方を試してみたら途中で混乱してしまって断念しました。

8 :スポーツ好きさん:03/10/31 02:41 ID:KKcFNHof
ねねねり

9 :スポーツ好きさん:03/10/31 07:27 ID:QuCVYHQy
拳が腰の下を通るようにするといいよ
胸は張り気味で、腰を前に。
とにかく、腕の振りで前へ力を生み出すイメージ。
自然にってことで、そんなに意識しすぎても疲れちゃうけどね。

でも、中学生、高校生レベルだと
もう体のエンジンの差で決まってしまうと思います。
まあやっぱり走り込みだな。
この走り込みをどうこなすかは、時計を使って
同じ距離を毎回はかって走ると
体のことがわかる?というか力がついてきていると分かって
毎日走れるかも。

頑張ってね!

10 :スポーツ好きさん:03/10/31 12:58 ID:HBAHpcSu
> 右足と右手を同時に出す走り方を試してみたら途中で混乱してしまって断念しました。

最近流行の、古武道の「ナンバ走り」のことだろうか?
NHK教育の人間大学でもシリーズを組んでいるが、古武道系の体さばきは
尋常じゃなく難しいようだ。指導者もなしにやれるもんではないと思う。

だいたい、昔の人は普通に歩くときからして右手と右足が一緒に出てたらしい。
そのせいで「走る」ということができなかった(というか知らなかった)という話だ。
走ることができたのは、飛脚とか忍者とかの、その必要がある人だけだったんだって。

というわけで>>1くん、普通のフォームで、頑張って走りこんでくれ。



11 :スポーツ好きさん:03/11/01 08:42 ID:eNF1yXvY
簡単に、持久走の能力を見極める方法があります。
まず、100mを全力で走ってタイムを取りましょう。
次に、持久走の距離を想定し、それで走り切れると思えるペースで、やはり100m
を走り、タイムを取ります。
その次に、実際に持久走で走る距離を走り、タイムを取ります。
その3つのタイム(秒、または分・秒)を、1kmあたりのスピード(1km何分何秒かかるか)に変換します。
それを次の式に当てはめると、あなたの持久能力が5つのタイプに分類されてわかり、
どのようなトレーニングをしたらいいか、見当が付きます。



4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)