5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■第二の風船おじさん?手漕ぎ船EOLIA号■■

1 :にゃはは・・:04/05/04 18:27
<EOLIA号>海自哨戒機が船と人影を発見
第1管区海上保安本部(北海道小樽市)に入った連絡によると
4日午前6時50分ごろ、北海道根室市の東南東約1400キロの
海域で、太平洋横断中に遭難信号を出していた手こぎ船
「EOLIA号」(全長7メートル)が漂流しているのを海上自衛隊の
対潜哨戒機が発見した。

哨戒機が近づくと、信号弾が打ち上げられ、船上で大阪府堺市の
建築装飾業、立尾征男さん(62)と見られる人影が動くのを確認した
という。釧路海上保安部の巡視船「そうや」が救助に向かい、
4日午後9時ごろ現場に到着する予定。

海上保安庁は3日午後9時40分ごろ、EORIA号からと見られる
遭難信号を再び受信し、海上自衛隊とともに航空機で周辺海域を
調べていた。
立尾さんは4月15日、1人で岩手県種市町の種市港を出港し、
来年2月の米サンフランシスコ到着を目指していた。
発見時の現場海域は、雨で風速12メートル、波の高さも
4〜6メートルの荒れた状態だった。

2 :キョロちゃん:04/05/04 18:33
手こぎ舟で太平洋横断、挑戦中の62歳から遭難信号 第一管区海上保安本部(北海道小樽市)に入った連絡によると、
2日午後4時45分ごろ、櫓(ろ)を手こぎする船で、世界初の太平洋横断に挑戦していた大阪府堺市の立尾征男さん(62)が
遭難信号を出したのを、米国の気象衛星が受信した。

遭難信号を受けて現場海域に釧路海保の巡視船が出動。3日早朝から、海上自衛隊の哨戒機が捜索を始め、付近を航行中の
英国貨物船も加わったが、発見されていない。

北海道南東海域は同日午前10時現在、強い雨が降り、風速25メートル、波の高さは約7メートルと暴風雨に見舞われている。
視界は5キロほどで、捜索は難航している。

遭難信号は1回だけ受信されたが、位置は不明という。

立尾さんは4月15日、岩手県種市町を出港。小型ヨットを改造し、櫓を取り付けた「えおりあ」号(全長7メートル)で約9千キロ離れた
米国のサンフランシスコに向け、来年2月の到着をめざして航行中だった。

ところが、25日正午、北海道納沙布岬の南東約440キロを航行しているとの無線連絡が所属するヨットクラブに入って以降、交信状況が悪化。
30日を最後に交信に成功していない。

同ヨットクラブの徳弘忠司名誉会長は「天候の関係で、無線が通じないことは多くあるが、遭難信号が出たのは心配」と話し、
終日、無線交信を試みている。

えおりあ号には、全地球測位システム(GPS)や風力発電機が取り付けられているが、動力は、船尾に取り付けた長さ5メートルの木製の櫓だけ。
1日約15時間櫓をこぎ、時速3キロで航行する予定だった。
食糧は、650食分を用意し、不足分は釣りで補うつもりだったという。

立尾さんは、3年前にも、ヨットによる単独無寄港世界1周に挑戦し、世界最高齢で成功した。
さらに、「誰も挑戦したことがない本当の冒険を」と、2年かけて準備を進めていた。

3 :■いにかく :04/05/04 18:34
冒険の現実・・ > 釧路海保の巡視船が出動、海上自衛隊の哨戒機が捜索、付近を航行中の
英国貨物船も捜索に加わる。・・・すでにウン千万単位の国民の血税が捜索に投入されてる
でしょう。そして他国の貨物船まで巻き込んで・・。 (~_~;)
これならまだ以前、紀伊半島沖で日本一周中にケータイしか連絡方法もってなくて遭難した
オッチャンのほうが、まだマシじゃん。世界1周のご経験もあり、2年を準備に費やしたと
言うが・・。こうなってしまえば同じ事。
”風船オジサン”と大差ないんじゃないのかな?潮流のスゴイ外洋で櫓はないっしょ?
やっぱ・・^^;;..........
食糧の不足分は釣りで補うつもりだったって・・そんなムチャな・・。 (−w−;)

4 :にゃはは・・:04/05/05 06:19
手こぎ舟の立尾さん救助 太平洋横断中に遭難信号

北海道・納沙布岬の東南東沖約1400キロで、遭難信号を出していた太平洋横断中の手こぎ舟「えおりあ号」(全長7メートル)の立尾征男さん(62)=大阪府堺市=は
4日午後10時5分すぎ、釧路海上保安部の巡視船「そうや」に救助された。
立尾さんは自力で歩けるが、腰に軽いけがをしているという。
第1管区海上保安本部(小樽)によると、えおりあ号は2日午後4時50分ごろから、複数回遭難信号を発信した。3日午後9時40分ごろの遭難信号を基に遭難海域を特定して
捜索、シーアンカーを流し漂流しているえおりあ号を4日午前6時50分ごろ、海上自衛隊の航空機が発見した。
舟から信号弾が発射され、立尾さんが乗船しているのを確巡視船そうやは同日午後10時ごろ現場に到着、波の高さ2、3メートルの海でえおりあ号をロープで引き寄せ、横付けにして立尾さんを救助した。
そうやは北海道・釧路港に向かう予定。

5 :名無SEA:04/05/05 08:42
無事救助、よかったよかった。終了。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)