5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Cカード協議会が悪徳商法の手口発表

235 :名無SEA:03/09/13 01:38
2 その2.【ある海外での経験】 2001/04/11(Wed) 17:59:24 SC代表

 “ガイド付ダイビング”はダイバーに自立の心を忘れさせてしまいがちだ。海でよく見かけるのは、
ガイドが初心者のスキルやマナーのフォローに忙殺されている光景。これでは本来のガイドの役目は果たせない。
 今をさかのぼること12年前、海外同行ツアーでSCはGBRに行った。そこはバディ単位でフリーで潜るダイビングスタイルだった。
同じ船に乗り合わせた一組の日本人カップル。ガイドが付かないことに呆然として立ちすくんでいる。
気の毒に思ったスタッフは、彼らに声をかけて一緒に潜ることに…。ダイビング後の彼らの感謝の言葉の嬉しさより、
自立できないダイバーを乱造してきた日本のスクールに無性にハラがたった。日本の恥だと思った。この時からSCのダイビング指導は、
「イントラやガイドがいなくてもちゃんと潜れるダイバーづくり」つまり「自立できるダイバーの育成」を目指すことになった。

244 :名無SEA :03/08/18 02:54
3 その3.【日本で唯一のダイビングクラブの誕生】 2001/04/11(Wed) 18:03:01
SC代表

 後日、BSAC本部のスタッフから、これがダイビングのグローバルスタンダードだと聞いた。「本物のダイビング」はイントラに依存することではない。
真実をみんなに知らせたいと思った。だから'93年、ダイビングスクール&ツアー業務からダイビングクラブ運営に業態変更した。
その影響でお客は従来の10分の1にまで激減。しかしその分我々の理想に頷いてくれるメンバーが現れた。
我々の仕事に感謝してくれる連中が現れた。スタッフのやる気もガラリと変わった。
'95年、店を移転して今のサロンに大改造した。日本で唯一BSACのブランチの考えを踏襲した本格的ダイビングクラブの登場だった。
 それから5年、自立できるダイバー、自主的なブランチ運営を担えるメンバーの象徴たるSCリーダーが幾人か育った。
そして'98年、満を持して支部制が導入され、いよいよメンバーによる自立したダイビング活動とクラブ運営が始まった訳だ。
この時、新しく導入されたオリジナルウエットの左袖のロゴマークに、初めて日の丸をいれた。「日本人はヘタクソやないぞ!」。
12年前のあのGBRで経験した悔しさが息づいていることは古いリーダーのみぞ知ることである。


76 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)